福岡音楽情報ポータルサイト[Blue Jug/ブルージャグ] | Editor's Room | 個人情報について | サイトポリシー | お問合せ |  

HOT NEWSHOT NEWS巻頭PHOTOVoice Gallery月刊INDEX福岡ROCK百科staff blogPodCast
巻頭PHOTO
  福岡音楽情報サイト「Blue Jug」TOP > 福岡ロック百科 > レポート一覧 > JUICE Presents CLUB CREATURES 『Search&Destroy 69 3DAYS!!』 《渋谷CHELSEA HOTEL》 10.06.11

レポート


JUICE Presents CLUB CREATURES 『Search&Destroy 69 3DAYS!!』 2010.07.21公開



JUICE Presents CLUB CREATURES 『Search&Destroy 69 3DAYS!!』

JUICE Presents CLUB CREATURES 『Search&Destroy 69 3DAYS!!』 《渋谷CHELSEA HOTEL》

<出演>THE PRIVATEShot spring
<会場>渋谷 CHELSEA HOTEL
<企画>JUICE

【 THE PRIVATES 】
part 1
【 hot spring 】
part 2

JUICE Presents『Search&Destroy 69 3DAYS!!』の最終日、渋谷CHELSEA HOTEL にプライベーツとhotspringが登場。

THE PRIVATES

ライブの序盤、リフやリズムを通してお互いを感じあっているように見えたその様子は、まるでパズルのピースが1枚ずつ組み合わさっていき、最後の1枚を探り合っているようでスリルがあった。そしてピタっと合った瞬間、一気にヒートアップ。王道の流れだが、台本の無い展開だから実に生々しい。これこそがライブ感なのだと思う。その核にはブルースとrock'n'rollが存在する。ライブ会場でのみ味わうことのできる極上の醍醐味だ。
さらに、その物語(ライブ)はサプライズが待ち構えていた。ライブの途中、延原の合図で会場は暗転され、暗闇の世界へと突入する時間帯がある。まぶしいライトに照らされていたステージが真っ暗になり、エッジのきいた「サウンド」と延原の「歌声」のみで会場を支配していく。真っ暗のせいか、五感がいやがおうにも鋭くなり、聞くという行為に集中し、プライベーツの放つサウンドにいつも以上にドップリと酔いしれることができるのだ。再びライトが照らされると、華やかなロックロールの再開だ。やっぱ、ライブは生が最高やね!


hot spring

hot springのメンバーとは、昨年11月の東京ツアー以来の再会。新曲を引っさげて、温泉野郎たちが再び東京にやってきた。相変わらずの爆笑物の痛快なステージを繰り広げていたが、これまでとは違ってスピード(テンポ)でたたみかけてくるだけではない新曲もおりまぜて、ライブの醍醐味である客席とバンドとの一体感を味わせてくるステージをやってのけたような気がする。そこにはちゃんと、スピード感(ノリ)も存在していたし、激アツなくらい真摯にロックに向き合う4人の魅力があちこちに飛び散っていたし。今回も大爆笑のライブを体験させてもらった。はやく、次のライブが見たい!


hot spring 2nd CD告知動画





あ〜た、ライブに来れんかったとね。はがいか(山善風)! 
そこに足を運ばなきゃ、この感覚は味わえないぜ! ライブに行こうぜ!  Babe!   《









↑ ページのトップへ  

 (C)since 1979 BLUE-JUG/当WEBサイトの画像およびテキストの無断掲載はお断りいたします。         $date /$no th
";?>
 福岡音楽ポータルサイト   copyright since 1979 BLUE-JUG. All Rights Reserved Contact US at staffroom@blue-jug.com