福岡音楽情報ポータルサイト[Blue Jug/ブルージャグ] | Editor's Room | 個人情報について | サイトポリシー | お問合せ |  

HOT NEWSHOT NEWS巻頭PHOTOVoice Gallery月刊INDEX福岡ROCK百科staff blogPodCast
巻頭PHOTO
BAND一覧
ロック年表
ロックマップ
ロック A to Z
写真集
特集
インタビュー
レポート
コラム
対談
アーティスト語録
コレクション
エピソード・コレクション
   
  福岡音楽情報サイト「Blue Jug」TOP > 福岡ROCK百科 > コラム > Spanish Castle Magicで ポップスターになれるかも(寺本祐司)
コラム


"2000年代"リスト


2007.11.07
Spanish Castle Magicで ポップスターになれるかも

ロケンロウmusicologia

Spanish Castle Magicで ポップスターになれるかも


 はじめに
    大塚愛の”LOVE PiECE”を購入。なかみは同じだが、色の違うプラスティックCDケースが何種類もあった。赤とか黒とか。青のCDを購入。

    全体的に、ややオサエた感じで仕上っている。実際、シャウトなど決してオサエていないのだが。落ち着いているというか余裕を感じる仕上がりだ。ヘルシーでピュアーで無農薬的な曲が多い。しかし、それは不健康の裏がえしで、農薬はちゃんと使っているだろうと下衆の勘繰りをしている。




 人を惹きつける曲とは、忘れられない曲とは、記憶にきざまれる曲とは
    ”LOVE PiECE”の楽曲だが、リフレインが多い。普段、人から言われることはないが、言って欲しい言葉、言ってもらえたらとてもうれしい言葉。そんな言葉をくりかえす。

    「未来タクシー 」では「会いたいから会いにいく」を何度も何度もくりかえす。
    「星のタンゴ 」では「あっ痛ーい」を何度も何度もくりかえす。
    「HEART」 では「今すぐ会いたい」を何度も何度もくりかえす。
    「恋愛写真」では 「ただ、君を愛してる」を何度も何度もくりかえす。

    まるでスペインの古城で魔法をかけられたように大塚愛マジックに引き込まれてゆく。
    シンプルにくりかえす。分かっていてもくりかえす。同じことを何度でもくりかえす。それで洗脳され、催眠術にかかって、脳内ホルモンがドクドクで、とても気持ちよくなる。

    ルースターズ大江はくりかえしシャウトしていた「やりたいだけ」
    アップビート広石はくりかえしシャウトしていた「早くやりたいんだ」

    思いをシンプルに、ストレートに口にする。そして、それをくりかえす。そうすると思いは伝わるのか。シンプルなフレーズのリフレイン、人の心を動かす曲をつくる方法のひとつかもしれない。




 難しいことをしない。シンプルなことをする。
    ジミー・ペイジが煌びやかなギターソロを奏でる。リッチー・ブラックモアがド派手なフレーズを早弾きする。複雑で弾くのが難しいギターソロがカッコイイ。
    クイーン、なかなかいいじゃん。と思っていたら”WE WILL ROCK YOU”。ちょっとシンプルすぎないか。”WE ARE THE CHAMPION”は華麗で豪華ですばらしい。しかし”WE WILL ROCK YOU”は好きになれなかった。スキップ、早送りじゃ。
    しかし、2007年、平成19年の世の中で、クイーンの楽曲中、一番世に浸透しているのは”WE WILL ROCK YOU”。この曲ではないか。
    私は、音楽を聴く耳をもたない野郎だ。
    “WHITE QUEEN”や”THE MARCH OF THE BLACK QUEEN”は厳かで文学的ですばらしいと思っていたが、今では自分でCDをかけないと聴くことはできない。クイーンファンは知っているが、世の中にはあまり姿を現さない曲になっている




 シンプルなものが残るのか。
    そういえば、T.REXのシンプルなブギーがTVCFでよく使われる。
    シカゴやBS&Tは男らしいが、ちょっと軟弱だぞカーペンターズと思っていた。しかし、今はカーペンターズとか生活の中でよく耳にする。
    TVでT.REXのJEEP STARが使われてるのを聞いたときは、本当にびっくりした。JEEP STARの入った4曲入りのアナログのコンパクト版をもっている。
    YESとかLED ZEPPELINとか聞いてると賢いロックファンな感じがしてたけど、現在残っている楽曲は、どっちかっていうとミーハーで分かりやすくシンプルなものが多いと思う。BAY CITY ROLLERSとかね。




 タイアップどすえ
    大塚愛の楽曲、ドラマやCMのタイアップ曲が多く、加速度的に世に浸透してゆく。
    「未来タクシー 」はCF、「PEACH」はドラマ、「CHU-LIP」もドラマ、「HEART」はCF、「恋愛写真」は映画とタイアップ。その他の曲もTV番組のエンディングなどにちょいちょう使われている。
     サンハウス、ロケッツ、山善、モッズ、モダンドールズ、など福岡組にもCFやTV番組とのタイアップ曲がある。ロンドンブーツの番組中、モッズの曲が堂々流れていたのには感激。




 生き残るロッカー
    歌の上手い人は生き残ると思う。歌が上手ければ少々ルックスが悪くても十分生き残れる思う。
    失礼な言い方だけど、ちょっとヘタウマ風味で守ってやりたい感のある女性シンガーにも惹かれる。キャロル・キング。彼女にヘタウマはド失礼だが。

    オーラのあるロッカー、ビジュアル的にイケてるロッカーは、歌がダメになっても俳優などの職業で生き残れそう。

    ギタリスト、ベーシスト、ドラマー、上手くないと生き残れない。上手ければ上手いほどよい。上手いことはいいことだ。




 いつまでも輝きつづける歌をつくるにはどうしたらいいか
    大塚愛の新譜を聞いている矢先に、次のシングル「ポケット」がリリースされた。ヒット曲量産している。すべての楽曲は大塚愛が書いているが、強力なアレンジャーが彼女の楽曲をさらに後押ししている。IKOMANなるアレンジャー、まさに、どんだけ〜である。

    いつまでも輝きつづける歌をつくるにはどうしたらいいか。

    やりたいことをやる。やりたいことしかしない。それが美学。

    しかし、貧すれば鈍する。衣食足りて礼節を知る。プチ商業ロック、それはそれでいいのではないか。

    大塚愛の”LOVE PiECE”。ポップでキャッチ―なギターロックとバラードがこれでもか、これでもかとつづく。快感。
    よくあるコード進行と想定できるギターソロの展開。どこかで聞いたことのあるようなギターロックとバラードなので、すぐにフレーズを覚えてしまう。
    無駄をはぶき、シンプルに、気持ちのいいアルバムに仕上がっている。

    騙されてると分かっていても、快楽に溺れてしまう。そんな感じがする。
    噂を信じるよりも、あの娘に騙されたい。と忌野清志郎的気分になる。

    大塚愛のツアーバンドだが、長年連れ添っていたメンバーに多少人事移動があった。バンドの顔だったパワフルなドラマーがメンバーチェンジ。
    方向性の違いか、経済的な問題か。ここにも商業ロックの厳しい一面を感じた。

    (了)


↑ ページのトップへ  

 (C)since 1979 BLUE-JUG/当WEBサイトの画像およびテキストの無断掲載はお断りいたします。         $date /$no th
";?>
 福岡音楽ポータルサイト   copyright since 1979 BLUE-JUG. All Rights Reserved Contact US at staffroom@blue-jug.com