福岡音楽情報ポータルサイト[Blue Jug/ブルージャグ] | Editor's Room | 個人情報について | サイトポリシー | お問合せ |  

HOT NEWSHOT NEWS巻頭PHOTOVoice Gallery月刊INDEX福岡ROCK百科staff blogPodCast
巻頭PHOTO
BAND一覧
ロック年表
ロックマップ
ロック A to Z
写真集
特集
インタビュー
レポート
コラム
対談
アーティスト語録
コレクション
エピソード・コレクション
   
  福岡音楽情報サイト「Blue Jug」TOP > 福岡ロック百科 > コラム一覧 > 
レポート


"1980年代"リスト

[Blue Jug] 7号--1982.06.25

ここは日本。やっぱし俺達のロックは、日本語だぜ! BY ANGIE 水戸秀夫

水戸秀夫 最近、日本人による日本語のロックが一番面白い。時として、アマチュアバンドの曲でさえデビッド・ボウイや、ストーンズの曲より面白いと思う事がある。
確かにロックの質としては、両者には、比べようもないほどの差異がある。月とスッポンなんてもんじゃなくて月とバクテリア、月とミトコンドリアくらいの 差がある。けれど、アマチュアバンドには決定的な武器があるのだ。それは、日本語で歌っているという事だ。
僕は、日本のロックバンドは、絶対に日本語で歌うべきだと思う。俺達、英語なんてしゃべれねぇしよ〜、なんてかっこいいんじゃなくて、もっと積極的にそ うすべきであると思う。例えば、あちらの曲をやるときでも、日本語に訳すか、まったく別のコンセプトで新たに詩をつけて歌うべきだ。ちなみに、訳すとき には、文法に忠実に訳す必要はない。辞書をひく必要もない。それによって、本来の意味と百八十度変わったとしても、気にする事はない。それは、すでにあ なたの言葉なのだから。人の言った事をそのまま伝えたってしょうがない。みんな、あなたを見たがっているんだから。あなたの感性を見せてほしい。

日本語は、ロックのビートにはのらないそうだ。それがどうした、と言いたい、ロックは、英語圏内で生まれ育ったものだから、確かに英語で歌われるとき が、一番生々しいとしている。日本語では、やはり不自然でぎこちない。だけど、だからといって逃げてはいけない。あえて、その不自然な中で、もがいてこ そ始めて日本のロックが生まれるのではないだろうか。英語で歌っていては、いつまでたっても、俺達の詩にはならない。第一、日本語で考えたことを、わざ わざ英語にして口にする方が、日本語のビートにのってないロックよりもよっぽど不自然だ。
ロックは言葉じゃない。言葉以外の部分で伝えるんだ。英語だろうが、日本語だろうが関係ねぇ。だからとりあえず、ビートに合った英語で。などと言って英 語で歌う人がいる。それでなかったら、やたら詩を重要視して、言葉だけにとらわれているか、あるいはそういった事は、まったく何も考えてないか。どうし て日本人というのはこう極端なのだろうか。ロックは言葉じゃない、じゃなくて、ロックは言葉だけじゃない、なのだ。詩があってメロディがあって、リズム があってバンドの音がある。どれかひとつを、ことさら取り上げる必要もないし、置き去りにする必要もない。"関係ねぇ"事などひとつもないのだ。

そういった事は、まったく何も考えてない人は、とりあえず、なんとなく日本語でやっている人も、英語でやってる人も、もっと積極的に考えてほしい。日本 のロックが生まれるかどうかに関わる重要な事なのだ。英語で歌っていては、いつまでたっても趣味の範囲からぬけ出せない。ただ単に、ロックを音楽として やってる人は、それでいいかもしれないけど、出来たら、ロックを単なる"音楽"にしてほしくない。

矢沢永吉という人が、アメリカででレコードを発売した。英語だった。なぜそんな事をするのだろう。彼が日本でビッグになったのは、日本語のロックを 歌っていた末だ。日本を制したから(はっきり言って、全然制してはいないんだけど)次は世界だというんなら、なぜ日本語で通さないのだ。英語で歌ってし まった事で彼が日本でやった事は、すべてゼロになってしまった。それほど、日本語で歌うことと、英語で歌うことには、意識の上では大きな差があるのだ。
英語でないと商業的に不利(どっちみちあれじゃ勝ち目はないんだけど)というんなら、なぜそんに海外で売れる必要があるのか。なぜ日本人ですが、英語やってますよ。けなげですよ、とコビを売る必然があるのか。ビッグ・ビッグ・マーケットだからと言うには、あまりにリスクが大きすぎる賭けだ。日本人が まだやった事のない事だからというんならやる必要はない。ロックは、びっくり日本新記録ではないからだ。

アンジー日本人というのは、なぜか海外をやたら重要視する。古い話になるけどYMOがロスアンゼルスで受けたとかいって雑誌がやたら大よろこびしました。そりゃ まあ、受けるにこした事はない。だけどなぜ、ことさら取りたててよろこぶ必要があるのか。福岡サンパレスで受けたのとどう違うのか。 それから海外レコーディング。海外でレコーディングするのが悪いというんじゃない。まったく異質な地で、刺激を受けながらレコーディングするというのはひとつの手段として有効である。しかし、それを売り物にするのはどうかと思う。問題はその野菜がうまいかまずいかであって、どこでとれたかなんてどうでもいい事なのだ。海外に変なコンプレックスを持つ必要はない。俺達の本場は日本なのだ。そして俺達は、海外で受けるための歌よりも、自分達の歌がほしい。日本語で歌われた自分達の歌がほしいのだ。"You real got"と叫ぶよりも、"便所紙"と叫ぶ方がよっぽどましだと思う。



↑ ページのトップへ  

 (C)since 1979 BLUE-JUG/当WEBサイトの画像およびテキストの無断掲載はお断りいたします。         $date /$no th
";?>
 福岡音楽ポータルサイト   copyright since 1979 BLUE-JUG. All Rights Reserved Contact US at staffroom@blue-jug.com